豊胸手術|費用や失敗問題、後遺症について

豊胸手術の費用や失敗問題、後遺症について記しています
HOME ≫ 豊胸手術後に合併症になった例もある?|豊胸手術費用

豊胸手術後に合併症になった例もある?

豊胸手術を受けることによって合併症を引き起こしてしまうケースもあるようです。

人気があり注目されているヒアルロン酸注入の豊胸手術は術後、2〜3日間は腫れや痛みを伴いますが自然と引いていくものです。

しかし、まれに高熱が出てしまったり、痛みが続いてしまうこともあるようです。

また、胸の内部にしこりができてしまったり、アレルギー反応が起きてしまうこともあります。

人気のある豊胸手術方法

同じく人気のある方法が脂肪注入の豊胸手術です。

こちらは自分の脂肪を使うためアレルギー反応はないものとされています。

吸引した脂肪を生理食塩水で洗浄して良い状態にしてから注入しますが、この作業を手抜きするドクターもいます。

そういった場合には合併症を引き起こしてしまうことがあります。

脂肪の石灰化によってしこりができてしまったり、壊死してしまうということになります。

そうならないためにもアフターケアのしっかりしている病院や、ドクターの技術力や評判も事前にチェックしておいたほうが良いでしょう。


PAGE TOP